2018年08月06日

ガッキイジリ(依頼品)Part2


(Part1 からの続き)

S氏から預かった時は、決して

良い状態を保っているとは言えま

せんでした。

初診では・・・

① トーンポッドのシャフト折損

② ナットの欠損

③ ペグ固定ネジの欠落

④ ペグブッシュのガタツキ

⑤ ネックの順反り

⑥ ブリッジ駒の固着

⑦ フレットなど金属パーツのサビ

⑧ 全体的な汚れ


IMG_5397.jpg

IMG_5400.jpg

IMG_5403.jpg

IMG_5405.jpg

IMG_5401.jpg

はい、やる事盛り沢山でございます。

まずは折損したトーンポッドの交換です。

IMG_5406.jpg


このシャフトってSUS鋳物製なんですかねぇ?

こいつが折れちゃうと、ポッドごと新品に

しなければならないので面倒なんです。

今回は CTS 250kΩ Aカーブに交換しました。

IMG_5428.jpg

続いて 1弦側が欠けてしまった

ナットの作成です。既製品の

リプレイスメントパーツがあるのですが

微妙に合わないので、既設の

ナットに欠損部分をボンドで接着して

から、急きょ購入したムクのタスク製ナット

に型を転写して、一から削り出しをしました。

IMG_5407.jpg

専用のナット組ヤスリで弦溝を掘って完成。

IMG_5408.jpg

ペグは一つづつ取り外して、研磨と

手入れをしました。欠落した固定ネジは

在庫から対応。 またブッシュのガタツキは

ロックタイトで完全接着という方法もあるの

ですが、後々の事を考慮して手製の木工パテで

固定する事としました。

ブリッジも取り外して、手入れ・錆落としをし

駒も問題なく動作するようになりました。

IMG_5429.jpg

IMG_5431.jpg

フレット、その他の金属パーツの研磨

手入れ、指板の清掃、ボディおよびネックの

清掃、アウトプットジャックへの接点復活剤塗布

トラスロッドの調整(反り修繕)

オクターブピッチ調整にて、全工程完了です。

IMG_5432.jpg


はい・・・いかがでしたでしょうか?

相も変わらず、一部の方にしか

ウケないような内容で大変申し訳

ありませんでした(汗)

皆さんも、大切な楽器は定期的に

メンテナンスをして下さいね。

では、今回はこのへんで。








posted by 二代目店長 at 15:20| Comment(0) | その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。